顧問弁護士

札幌 弁護士 顧問契約

はじめに

いったん紛争が発生すれば、企業にとって労力・時間・お金の面で大きなマイナスとなります。

紛争が発生してから弁護士に依頼するのではなく、紛争を未然に防ぎ、円滑に企業活動を展開していくことが企業の成長に不可欠であり、それは大企業だけの問題ではありません。

当事務所では、企業が適切な対応ができるよう、企業の現状を把握し、企業に応じた迅速かつ適切なサポートを心掛けています。

経営者の抱える悩み

次のような悩みを抱えている経営者には、顧問契約がオススメです。

①労働問題

・従業員も増えたので、就業規則や社内規定を作り、社内体制を整備したい。

・問題社員の処遇、従業員とのトラブルについて相談したい。

・元従業員から、残業代請求の内容証明が届いたので、相談したい。

②契約書作成・契約トラブル

・新規事業を展開するので、契約書を作成したい。

・取引先から契約書が送られてきたので、不利益な条項がないか、チェックして欲しい。

・取引先から不当な契約解除の申入れがあり、損害が発生するので、どう対応すればよいか。

・取引先から無理な要求をされているので、相談したい。

③損害賠償

・取引先から不当な損害賠償請求をされてしまったので、対応について相談したい。

・当社のミスにより、損害賠償請求を受けているが、請求金額が妥当か分からない。

・悪質な業者と取引をしてしまい、損害が発生したので、損害賠償を請求したい。

・損害賠償を請求したいが、妥当な請求なのか、回収可能性を含め相談したい。

④クレーム対応・風評被害

・お客様からのクレームで、返金要求されているが、どう対応すればよいか。

・悪質なクレーマーから、不当な要求をされているので、相談したい。

・ネット上の掲示板で、虚偽の書き込みがなされており、どう対応すればよいか。

⑤会社設立・会社再編

・新規に会社を設立したい。

・社内の事業部門を、新会社を設立して、子会社化したい。

・知り合いの経営者に「うちの会社を買ってくれないか」と言われているので、相談したい。

⑥企業再生・会社整理

・資金繰りが厳しいので、どのような再建方法が考えられるか、相談したい。

・再建の目途が立たないので、会社を整理したい。

⑦相続・事業承継

・親が亡くなったので、相続について相談したい。

・相続・事業承継で揉めないように、遺言の相談をしたい。

・経営者である親が亡くなった場合に備えて、事業承継の相談をしたい。

札幌 顧問弁護士

顧問契約の内容

①法律相談、契約書のチェック

些細な心配事について、電話・メール・ファックス・面談を問わず、回数制限なく法律相談が可能です。また、取引先との契約書に不利益な内容がないか、事前にチェックし、紛争を予防します。弁護士が日頃から会社と関わり、会社の現状、業務内容の理解を前提に、迅速でより良い問題解決を目指します。

②顧問料の着手金への充当

契約プランに応じて、支払った顧問料の全額又は半額を個別案件の着手金へ充当することができます。顧問料は、「掛け捨て」が一般的ですが、顧問料の無駄をなくすとともに、弁護士を十分活用することが可能となる、当事務所の特徴の一つです。

③役員・従業員・その家族の無料法律相談

会社業務の相談のみならず、会社の役員・従業員・その家族の個人的な法律相談を会社の福利厚生として無料でお受けいたします(会社と利益相反となる場合を除く。)。顧問先の企業様からご好評をいただいております。

顧問契約プラン(料金は税別)

当事務所では、顧問料の着手金への充当の可否によって、①月額2万円プラン、②月額3万円プラン、③月額5万円プランをご用意しています。

また、顧問契約は、1か月単位でいつでも解約・プラン変更が可能です。

契約プラン 着手金への充当(※) 対象企業
月額2万円プラン × 個別案件はほとんどないが、法律相談、契約書のチェックなど弁護士を気軽に活用したい企業向けです。
月額3万円プラン 半額 年間18万円を着手金に充当可能で、年1,2件の個別案件場ある場合は、このプランがオススメです。実質的な顧問料は月額1万5000円となります。
月額5万円プラン 全額 個別案件が多い企業向けです。弁護士費用への充当を活用すれば、実質的な顧問料は0円となります。

 

※充当できる顧問料は、過去1年間の支払分が対象となり、弁護士費用への充当は、個別案件の着手金のみで、報酬金への充当はできません。